2021年5月30日日曜日

「密林の王者 ターザン」のプラモデル

 ~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~

(第202回)

今回は「密林の王者 ターザン」のプラモデル紹介です。

1967年からTVドラマとして放送されていた「ターザン」は、国内ではマルサンからソフビ人形や電動ブリキTOYが発売され、当然のようにプラモデルも発売されました。同時期発売のミッキーマウスのような電動物ではなく、オーロラタイプのディスプレイモデルでした。
当然、本国ではオーロラがキット化しています。


~マルザン(マルサン商店)版~

マルサンがマルザンへと社名後の商品です。
ターザンシリーズは「密林の王者 ターザン一家」「密林の王者 ターザンいかだで行く」2種類発売されました。

1968年マルザンの商品カタログには「いかだ」、「ぞう」と紹介されています。
※1968年マルザンカタログより

●「密林の王者 ターザン いかだで行く」
1967年9月発売。品番は「752:200」で当時200円。箱サイズは26.8×18.8×5.3センチ。
ターザン一家よりも絶対的に現存数が少ないです。

●「密林の王者 ターザン一家」
1967年9月発売。品番は「753:250」で当時250円。箱サイズは26.8×18.8×5.3センチ
1983年の年末あたりに問屋?から、ある程度の数が発掘され、それが現在でも流通しています。なので、市場に出るものはほぼ超美品。
※箱デザインなどから、ターザン一家の方が、少し後発売のような気はします。


2種の箱中
白色の成型色が印象的です。箱サイズは2種とも同じですが、デザインに統一感はありません。


「ターザン いかだで行く」の組立書。イラストのデッサン力はなかなかの物。

丸太の造形は非常にリアル


ターザン一家の完成品
ターザンの全高で約16.5センチ。この完成品は黄金色に塗られています。


~オーロラ版~

※「CLASSIC PLASTIC MODEL KITS(1996年発行 cb)」より

●オーロラ(初版)
「TARZAN」ライオンを仕留めて雄叫びを上げているシーンを造形。
1/11スケール。「CLASSIC PLASTIC MODEL KITS」では1967年発売と紹介されていますが、2007年発行の「Aurora Model Kits」では1968年~と紹介されているので、マルザンのターザンが世界最速のターザンプラモの可能性がありそうです。



●オーロラ(再版)
1974年、Comic Scenesシリーズとしてスパイダーマン、スーパーマン、バットマンなどのコミックヒーローと一緒に再版された物。
箱は大きなキャラメル箱タイプで18×26.8×8.6センチ。
漫画が一緒になった組立書が特徴。

漫画が一緒になっている組立書。
組立図にあるように背景に使えるぺージは、漫画内に用意されています。



1968年当時だと、国内ではワニなどの動物系プラモデルも多く見られましたし、海外でも動物系のプラモデルは多く作られ、再版物は入手しやすいです。それらと一緒に飾ったり、遊んだりするとコレクションも楽しいかもしれません。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは今回紹介したオーロラの「ターザン」シュリンク未開封のプラモデル多数在庫中です。また、多数のアメリカンヒーローなどのオーロラプラモデル在庫中です。
ターザンの在庫はこちら↓

完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデル、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルなどもさらに買取強化中です!!
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで






















2021年5月17日月曜日

昭和40年男 「第15回  大ゴジラ」補足情報

   ~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~

(第201回)

今回は発売中の「昭和40年男」で連載している、みくに文具のプラモ棚「第15回 マルザンの大ゴジラ」の補足情報です。

前回の200回記念に紹介したいと思っていたのですが、発売日の兼ね合いもあり、第201回の紹介となりました。
昭和40年男の最新号は、全国の書店、コンビニに並んでいると思います。
ぜひお手元の40年男と比較しながら、補足情報をお楽しみ下さい。

●誌面紹介
大ゴジラの未組立の公開は全世界初めてだと思います。
昭和40年男誌面では、東宝さんの許可の元、箱写真を大きく掲載することができました。


マルザン(マルサン)が発売した、「1200円のゴジラ」のプラモデルの存在を最初に紹介したのは1984年1月号のホビージャパン、マルサン怪獣プラモ特集でした。
誌面では「謎の大型キット」と紹介され、当時すでにスーパーコレクターと紹介されていた西村氏協力の元でも「実物発見はできなかった」と、報告されていました。当時から謎のキットでした。


●1200円のゴジラは「パパゴジラ」「大ゴジラ」「特大ゴジラ」を呼ばれていますが、「パパゴジラ」と呼ばれているのは、「ゴジラの息子」公開時に発売されたからです。
当時のポスターにはマルザン商品の広告もあり、新商品の「大ゴジラ」も紹介されていました。


●当時の雑誌広告です。雑誌名は不明ですが、新製品と紹介されています。


●大ゴジラの完成品
です。
写真の物は足裏と尾下のタイヤが欠品なので、完品個体の場合は、足裏と尾は地面から少し離れ、高さが増します

背びれはソフトビニール製ですが、本体パーツと隙間ができているのは、収縮率を考慮しなかった設計のため、焼き上がりで少し小さくなり、隙間ができたものと思われます。
撮影にはタイムボックスさんに在庫中の個体を使用させていただきました。
現在、在庫中です。


●ブルマァクゴジラとの大きさ比較です。
横姿を見ても、造形の素晴らしさがわかります。マルサン電動怪獣の発売最後期ですから、その造形力も頂点を極めた力作だったはずです。


●ブルマァクのリモコン「ゴジラ」です。
誌面では箱中を紹介できませんでしたので紹介しておきます。
青い小部屋内に、リモコンボックスとギヤが入っています。


●ブルマァク ゼンマイ「ゴジラ」です。
同じ箱絵を利用していますので、こちらも紹介しておきます。
当時価格は1000円でした。
ブルマァクのリモコン「ゴジラ」をゼンマイ歩行に改良したものです。
このゼンマイ版は当時の金型が発見され、2001年にバンダイから復刻されました。
復刻版のパッケージには、右下に見える「ST表記」がありませんので、それで見分けが付きます。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは今回紹介した「大ゴジラ」の完成品在庫中です。また、マルサン電動怪獣、多数在庫中です。ネット公開していない在庫もありますので、気軽にお問い合わせください。
在庫のマルサン怪獣は→コチラ

完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデル、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルなどもさらに買取強化中です!!
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで




2021年4月29日木曜日

ゴワッパー5「ゴーダムのプラモシリーズ」

  ~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~

(第200回)


今回は、ゴワッパー5、ゴーダムシリーズのプラモデルを紹介いたします。

200回記念ということですが、諸事情で予定していたスペシャルなプラモは次回に紹介予定となりました。もちろん、ゴーダムシリーズも激レアな物が多いので、200回記念としても満足していただけると思います!

シリーズは1976年、永大グリップから発売されています。その後、小サイズの4種のみマークから再版されています。
シリーズは小、中、大の3タイプで、小と中のみ6種。大は3種のみとなっています。
シリーズナンバーの若い順に紹介して行きます。

(グリップ 中シリーズ)
ゼンマイ動力の300円シリーズで1976年6月発売。
品番は「タートルタンク」よりも「ヘリマリン」の方が前になっています。
「ゴーダム」「ゲソマシン」「ヤドカリジープ」の3種が激に入手困難です。
「ゴーダム」>>「ゲソマシン」>「ヤドカリジープ」>>>>>他3種といった感じです。
箱サイズは全て15.5×22.5×4.5cm

●「ゴーダム」 KIT No.535 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.1
※ゼンマイなし
●「ゲソマシン」 KIT No.536 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.2
●「エイプレーン」 KIT No.537 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.3
●「タートルタンク」 KIT No.539 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.4
●「ヘリマリン」 KIT No.538 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.5
●「ヤドカリジープ」 KIT No.540 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.6
300円シリーズは箱中に帯はありません。


(グリップ 大シリーズ)
ゼンマイ動力の800円シリーズで1976年11月発売。
発売予告では全て800円とされていましたが、「ゴーダム」のみ900円表記のものしか見たことがありません。値上げされたのか、発売時で「ゴーダム」のみ900円になったのかは今のところ謎です。

大シリーズでは断トツに「ゴーダム」が入手困難です。箱サイズも2種より厚いです。

●「ゴーダム」(900円) KIT No.549 箱サイズは23×32×10cm。
 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.7
※ゼンマイなし
●「ゲソマシン」(800円) KIT No.550 箱サイズは23×32×8cm。
 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.8
●「タートルタンク」(800円) KIT No.551 箱サイズは23×32×8cm。
 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.9

大シリーズの箱中には帯があります。3種とも同じデザインです。


(グリップ 小シリーズ)
4点入った300円パックの小シリーズ、キャラメル箱タイプで1976年6月発売。
ばら売りは1個80円。販売形態は「ゴーダム」「ゲソマシン」「タートルタンク」「ヤドカリジープ」の入ったAセットと残り2種が入ったBセットになっています。シュリンク時のセット内の位置や向きは数パターンあります。上下さかさまになっているものもあります。箱サイズは全て11.5×14.5×3cm。

(Aセット)
●「ゴーダム」 KIT No.541 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.10
●「ゲソマシン」 KIT No.542 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.11
●「タートルタンク」 KIT No.543 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.12
●「ヤドカリジープ」 KIT No.544 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.13
(Bセット)
●「ヘリマリン」 KIT No.545 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.14
●「エイプレーン」 KIT No.546 ゴワッパーファイブ ゴーダムシリーズシリーズNo.15
そして、このBセットの残り2種は「ドタバッタン」「マッハ号」となっているため、シュリンク未開封状態では入手困難な激レア品となっています。

●「ドタバッタン」 KIT No.547 タイムボカンシリーズNo.10
●「マッハ号」 KIT No.548 マッハGOGOGOシリーズNo.4


(マーク版 小シリーズ)
マークから再版された小タイプです。箱は上下箱タイプで各100円です。
箱サイズは全て14.5×11.5×3.2cm。グリップの小シリーズと同じものが入っています。
発売は1981年(再確認中)。

●「ゴーダム」 KIT NO.MK-09-100 No.1
●「ゲソマシン」 KIT NO.MK-010-100 No.2
●「タートルタンク」 KIT NO.MK-011-100 No.3
●「ヘリマリン」 KIT NO.MK-012-100 No.4
たまに、ランナー逆色や薄濃い色などもある。ヘリマリンは黄色成型色もあり、黄色赤色ランナー別々で構成されたものも確認され、それを完成させるとすると左右別色のヘリマリンが完成してしまう。


(駄菓子屋売りプラモデル)
ゴーダムシリーズには、台紙に12個貼られたものや、紙袋に入った駄菓子屋向けの商品も確認されている。ほぼグリップの小シリーズと同じものであるが、ゴーダム(小)は別金型のものもある。
紙袋入りの物は、このまま売られていたのか、くじ引きのようなものだったのかは不明です。

紙袋入り(マルカ)
●ミニモデル NO.1「ゴーダムロボット」
●ミニモデル NO.2「ゲソマシン」
●ミニモデル NO.3「タートルタンク」
●ミニモデル NO.4「エイプレーン」
●ミニモデル NO.5「ヘリマリン」
●ミニモデル NO.6「ヤドカリジープ」

台紙タイプ
●ミニ模型(カード付)12個付き 全て「タートルタンク」

台紙タイプ(別金型)
●12個付き 「ゴーダム」(成型色多数)
※グリップ小タイプとは別金型。ギヤ操作で両手が動くアクション付き。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)



現在、タイムボックスでは今回紹介した「ゴーダムシリーズ」多数在庫中です。小コンプリートセットも在庫中です。ネット公開していない在庫もありますので、気軽にお問い合わせください。

完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデル、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルなどもさらに買取強化中です!!
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで








2021年4月6日火曜日

「HJ ヴィンテージVOL.5」 インタビュー記事

 ~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~

(第199回)

今回は、タイムボックスさんのインタビュー記事が掲載されている「ホビージャパン ヴィンテージVOL.5」を紹介いたします。

絶賛発売中の「ホビージャパン ヴィンテージ」は今回で5号目となります。

「ヴィンテージ模型店を営むということ」についてタイムボックスオーナー村田さんがインタビューを受け、掲載されています。ぜひ、ご覧ください。

本文、少しばかりの補足情報としては、ギャンゴを持ち込んだコレクターさんは、関西方面の有名コレクターショップオーナーとして、現在は同じ業界で活躍中です。不思議なもので、ショップを始めてからも、買取りなどマルサン電動プラモデルの引きの良さは、ずば抜けて高いです。

目次です。


アンティークキットコレクターには、たまらない記事も満載です。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。 
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)



現在、タイムボックスでは誌面で紹介されている「ロケット戦車(大)」や緑商会のSFキットなど、在庫中です。ネット公開していない在庫もありますので、気軽にお問い合わせください。

完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデル、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルなどもさらに買取強化中です!!
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで








2021年3月24日水曜日

今井科学「宇宙戦車 デスカバラ」の組立書

 ~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~

(第198回)

今回は今井科学の「宇宙戦車 デスカバラ」の組立書を紹介いたします。


今井科学のデスカバラは1967年8月発売。イマイ宇宙戦車シリーズNo.1。当時価格は400円。初期生産分は本体が赤色成型色で、後期になるとオレンジ色成型色になります。
特異な姿のデスカバラは、人気の高いSFオリジナルキットとなっています。
●スイッチにより中央の円形キャタピラが回転し前進。
●上部の集光板(太陽電池)も同時に回転。
●透明ドームから運転席が見える。
●タイヤ(補助車輪)8個入り。
●乗員6名ミニモデル入り。

走行ギミックをどのように可能としているのか?
そんな「デスカバラ」の組立書をお楽しみ下さい。

組立書は横長1枚両面刷りで、紺色のインクが使われています。
※以後紹介組立書画像は見やすいように彩度を落としています。
まずは、コクピットの組立です。

乗務員は座りポーズが2名、立ちポーズが4名ついています。

メインタイヤの組立です。

やはり、少し複雑指示です。電池ボックスは単2用です。

補助タイヤは本体を支えるだけで、メインタイヤで走行します。

さすが、今井科学。
小松崎茂氏のパッケージ画とそっくりなSF戦車が完成します。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。 
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは今井科学の宇宙戦車シリーズをはじめ、60年代、70年代のSFオリジナルプラモデルを高額買取中です!

また、SF絶版プラモデルも多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております!
完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデル、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルなどもさらに買取強化中です!!
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

2021年3月17日水曜日

昭和40年男 「第14回 けろっこデメタンのプラモデル」補足情報

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第197回)

今回は発売中の「昭和40年男」で連載している、みくに文具のプラモ棚「第14回 けろっこデメタンのプラモデル」の補足情報です。

昭和40年男の最新号は、全国の書店、コンビニに並んでいると思います。
ぜひお手に取り、「補足情報」はお手元の40年男と比較しながらお楽しみ下さい。

まずは、誤植のご連絡です。
デメタン箱中画像の下のキャプション中、「回収」→「改修」です。
回収された感じを受けてますが、その裏はとれておりません。
わかっているのは、金型が修正され、組立書が変更という現物確認のみです。

それでは、補足情報です。
●シリーズ4種はこちらとなります。


●パッケージに使用されたTV番宣用のポスターです。
※タツノコプロアニメ大全史(辰巳出版 平成10年2月15日発行)より
誌面紹介のパッケージ画と比べてもらえるとわかりますが、パッケージ画の方が、水滴が足されていたりと、さらに洗礼されています。


●改修話
絶版プラモデル情報局(第89回)にて、組立書は前期&後期版の2種類があると紹介をしてましたが、変更理由はわからず、600円→500円へと値段変更のため?としていました。今回の改修問題でその理由が判明しました。

初期生産分は、下図B15パーツで赤く塗った部分が欠損していて穴が開いていました。そのため、足が組みあがらないという不都合がありました。
軽質プラスチックということもあり、プラモ用のセメダインでは接着することができず、セロテープでぐるぐる巻きにするしか固定方法はありません。 自分でランナーから細長棒を切り出してそれを軸にできれば完成させることはできますが。。。。

修正後、B15パーツはそのままで、J31の方に凸を追加して下図の組立書のようになりました。



●ちょっと「?」となる箇所が他にもあります。トンボの足です。
上図のように、後ろ足の凸の位置が、本来とは反対側に付いています。

そのため、組み立てると下図のように後ろ足が上に向いて、変な形になってしまいます。
この点には、修正は入りませんでした。


●パッケージに貼られている大懸賞シールです。
箱中に応募ハガキがあり、送ると吉田竜夫先生サイン入り原画が当たりました。


●誌面で完成品を紹介していますが、全体のバランスは良いのですが、どうも顔が似ていません。やはり、目のシールの出来が原因かと思い、目シールを自作して付けてみました。
アニメのデメタンっぽくなりました。ラナタンの方が、それっぽいですね。
※自作の目シール部分です。拡大縮小して印刷し、切り抜いてお使いください。


●アリイ(有井製作所)の再版の「なかよし」です。
「風のコンサート」と商品名が変更になっています。再版当時価格は1000円。コロコロゲームなるゲームが入っています。
葉がピンク色になっているのは許容範囲としても、デメタンラナタンの体部分の成型色が紺色になっているのは、ちょっといただけません。目シールも、対象年齢のせいでしょうが、残念なデザインになっています。



絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
 


タイムボックスでは、タツノコランドのプラモデル多数在庫中です。
在庫確認はこちら↓

また、あらゆるジャンルの絶版プラモデルも高額買取りしています。お気軽にお問い合わせお待ちしております!

また、完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデルでも、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで