2019年5月10日金曜日

絶版プラモデル紹介本「HJメカニクス」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第153回)
 
今回は、現在3冊が発売中のホビージャパンMOOK「HJメカニクス」を紹介いたします。
表紙からは気がつきませんが、「なつかい模型ハンター」なる1980年前後を中心としたキャラクターキットを紹介した記事が掲載されています。資料性も高く、収集リスト参照には最適な物となっています。
 
 
●HJメカニクス01(2018年5月18日発行・1500円+税) 
バンダイのメカコレクション全58種が、パッケージと共に紹介されています。第1弾の「ダイデンジン」に始まり、第4弾の「1/144 ガンダム」、そして第58弾の「光速電神アルベガス」まで。リアルタイム世代には嬉しいプチ情報も全種に紹介されています。
 
 
●HJメカニクス02(2018年10月26日発行・1500円+税)
バンダイの間接可動チャレンジキット、「ジョイントモデル」シリーズが特集されています。
前身のモデルボーグシリーズに始まり、ジョイントシリーズの初版から再販までを紹介。欲を言えば、ここまでやるならばDXモデルやジョイントパズルも全種紹介されなかったのが残念な所。過去の絶版キット紹介書籍では軽くスルーされがちなジャンルだっただけに、資料性も高く、もちろんオールカラー紹介で貴重な特集となっています。
 
02号では「ジョイントモデル」シリーズ紹介の他に、マジンガー特集も掲載。「マジンガーZ(モーター)」「ホバーパイルダー」「マジンガーZ(ゼンマイ)」「グレートマジンガー(モーター)」「ブレーンコンドル」「リトル グレートマジンガー」の完成品が紹介されています。
「マジンガーZ(モーター)」に関しては、初期ロットの紺色成形色の未組立も掲載されていますので必見です。
ただ、誌面ではモーター版の「マジンガーZ」発売時期を1973年5月1日と紹介していますが、箱絵を担当した小松崎茂氏へのイラスト依頼がは72年12月だったという記録があるので、1月には仕上がっていたと思われ、その流れで行くと発売が5月では遅すぎる感じもしますで、50年史データベースで紹介されている3月発売だったという説の方が正解のように感じています。5月1日説の引用元を知りたいところです。
 
 
●HJメカニクス03(2019年4月19日発行・1500円+税)
バンダイの「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ特集です。ゼンマイ版などの初版発売時期からの紹介ではなく、ブームの絶頂期の「さらば 宇宙戦艦ヤマト」公開時期に発売されたプラモデルシリーズに絞った紹介となっています。もちろん野村トーイ版の宇宙戦艦ヤマトシリーズも紹介されているのも嬉しいところです。
 
 
因みに、「宇宙戦艦ヤマト」のプラモデルに関しては、以前紹介した「宇宙戦艦ヤマト モデリングガイド」が現在最強資料となっています。
「宇宙戦艦ヤマト モデリングガイド」(メディアワークス 2007年4月15日発行・2500円+税)
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 

現在、タイムボックスでは、今回HJメカニクスで紹介されている絶版プラモデル多数在庫中です!
また、他70年代80年代のキャラクタープラモデルも多数在庫中です!!
 

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年4月29日月曜日

今井科学の「スーパーマンカー」初版・再販

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第152回)
 
今回は今井科学から発売された「スーパーマンカー」の初版・再版を紹介いたします。
初版は言うに及ばず、再版のスーパーマンカーも非常に入手困難となっています。版権の関係からか、復活した今井科学最初期に発売されたのみで、その後再販はありません。
 
上画像で左が初版のスーパーマンカーで、右が再販版です。

●初版「スーパーマンカー」
発売は1967年9月で当時価格は150円(Kit No.488)。
イマイジュニアシリーズNo.9。ゼンマイ走行、ミサイル発射、障害物に当たるとスーパーマンが飛び出します。悪者退治ゲーム台紙付き。箱サイズは15×24×3.7センチ。
 
●再販「スーパーマンカー」
発売は1971年(70年の可能性もあり)で当時価格は150円(No.B-001-150)。
ミニカーシリーズNo.1。ゼンマイ走行でミサイル発射。箱サイズは14.5×21×3.5センチ。
初版にあったスーパーマンが飛び出すギミックは省略され、悪者退治ゲーム台紙やデカールは付きません。
品番のB-001から、倒産後に復活した今井科学第一号プラモデルの可能性が高いと思われます。因みに、B-002は「バットマンカー」、003は「マッハ号」、004は「2000GT(未確認)?」、005は「妖怪自動車」と続きます。
 
 
それでは、初版と再版の見分け方ポイントを紹介していきます。
再販で省略されたスーパーマン飛び出しギミック部分です。
再販の組立書には、スーパーマンを本体に接着するように指示があります。
 
成形色にも違いがあります。
スーパーマンカー本体はほぼ同色ですが、上図にある初版の白パーツ部分が、再版ではシルバー色となっています。
下画像は再販のシルバー色部分です。
再販にはデカールも付属しないので、完成品写真のみの場合は、「デカール有or無」「成形色が白orシルバー」が初版か再販かの見分けるポイントとなります。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 

現在、タイムボックスでは、今回紹介した初版の「スーパーマンカー(完成品)」、初版再販のカタログ使用?用に撮影された紙焼きなどが在庫中です!
●スーパーマンカー完成品
https://www.timebox.jp/products/14272617586.html?
●紙焼き
https://www.timebox.jp/products/15427829036.html?

また、他キャラクタープラモデルも多数在庫中です!!
 

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 
 

2019年4月17日水曜日

商品版と違う箱絵シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第151回)
 
今回は、箱側面で紹介されたイラストとは違う箱絵が使用されたプラモデルを紹介いたします。
 
●バンダイのガッチャマンⅡシリーズから「イーグルシャープ・G-1」
側面は製品版のゴットフェニックスと同イメージで描かれたイーグルシャープが掲載されています。100円シリーズも別イラストです。商品版はコチラ。
 
 
●永大グリップのタイムボカンシリーズから「チョロ坊」
側面紹介では恐竜時代の背景で描かれています。このイラストはNo.1の「タイムボカン」からNo.6の「ヤゴマリン」までの側面で紹介されています。No.7の「テントウキ基地」以降は(小)や(大)の商品箱絵が使用されています。商品版はコチラ。
 
 
●トミーの恐竜探検隊ボーンフリーシリーズから「ボーンフリー1号」
「フリービーグル」「フリーマッカール」「フリーシーガル」の3メカの側面には、この「ボーンフリー1号」のイラストが使用されていますが、「ボーンフリー2号」の側面には商品版の1号のイラストが使用されています。商品版はコチラ。
 
 
●ブルマァクの帰ってきたウルトラマンシリーズから「マットアロウ1号」
「マットアロウ2号」や「マットジャイロ」は側面と同じイラストが商品版に使用されていますが、「マットアロウ1号」のみ変更になっています。3種縦長のデザインで統一をされているので、それに合わせた変更と思われます。商品版はコチラ。
 
当時のカタログなどには、ダミー用に描かれた物が紹介されている場合がありますが、箱側面に描かれた物は、描き込みも商品版と同等の物が多いので、その箱絵版が初期ロットで存在するのでは?と探究心を刺激させられます。
今回紹介した物以外に、まだまだこのようなケースはありますので、ぜひ探してみて下さい。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 


現在、タイムボックスでは、今回紹介したガッチャマンシリーズ、帰ってきたウルトラマンシリーズ、タイムボカンシリーズなど、各種多数在庫中です!!

また、キャラクタープラモデルも超高額にて買取いたします!!
箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
 

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 
 
 
 

2019年3月25日月曜日

今井科学「1/24 アストンマーチン」の組立書

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第150回)
 
今回は今井科学の「1/24 アストンマーチン」の組立書を紹介いたします。
今井科学のアストンマーチンは、1/32と1/24が共にモーター走行として発売され、当時200円の1/32が、ジェームズ・ボンドシリーズNo.1となっています。
シリーズNo.2の1/24は、当時価格が500円で箱サイズは19.5×31.7×5センチ。1966年3月発売。ギミックの再現度も映画さながら、
 
★機関銃発射装置付(弾丸10発入)手動・前後ナンバー回転
★座席飛出し装置付・前後バンパー飛出し式・前進4段
★タイヤ粉砕ハブ飛出式・後部防弾板可動
 
と、箱に表記されています。
 
そんな多様なギミックの「1/24 アストンマーチン」の組立書をお楽しみ下さい。
 
ナンバープレートの回転も良くわかります。
 
座席飛出し装置。
 
当時のカタログ?に掲載された、貴重な紙焼き写真も紹介いたします。
座席飛出し装置が稼働した瞬間です。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 


現在、タイムボックスでは、今回紹介した「1/24 アストンマーチン」の超美品未組立と、箱+完成品が在庫中です。アストンマーチン他、007シリーズの紙焼き写真も多数在庫中です!!

また、007シリーズ含め、キャラクタープラモデルも超高額にて買取いたします!!
箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
 

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで

2019年3月10日日曜日

ユニパズル「メカゴジラ」の成形色比較

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第149回)
 
今回は「昭和メカゴジラ 鋼鉄図鑑(発行:洋泉社)」の発売を記念して、ブルマァク&バンダイの「メカゴジラ」プラモデルの成形色比較を紹介いたします。
 
「昭和メカゴジラ 鋼鉄図鑑」は昭和メカゴジラのみに特化した書籍ですが、その中の大グッズ館プラモデルページに参加させて頂きました。
今回、成形色比較するのは、その中で紹介したユニパズル「メカゴジラ」です。
この大きいタイプのユニパズルは、下図の4タイプ全て同じ金型となっています。
※版元刻印には違いがあります。
1.ブルマァク ユニパズル メカゴジラ
箱サイズは22.5×15×4センチで当時価格は200円。昭和50年(1975年)発売。
 
2.ブルモデル 東宝トリオ
箱サイズは23.2×44×4.5センチで当時価格は700円。昭和51年(1976年)発売。
 
3.ブルマァク ユニパズル メカゴジラ(台紙売り)
袋サイズは22.5×15×3.5センチで当時価格は150円。昭和50年(1975年)発売。
 
4.バンダイ かいじゅうシリーズNo.3 メカゴジラ
箱サイズは23.4×14.8×4.2センチで、当時価格は300円。昭和53年(1978年9月)発売。
※右は、発売当時のバンダイポスターに掲載された完成品画像。
 
 
発売時期により、袋中ロットにも違いがあり、成形色が若干違う可能性がありますので、あくまでも、手元の物の比較報告として、ご参考にしてください。
下画像の「1,2,4」と「2,3」は同一照明下で撮影した物の比較画像です。
2と3はほぼ同じですが、若干3の台紙版の方が暗いグレーになっています。
 
1が一番ラメの強い成形色をしています。
2,3にも若干ラメを感じますが、ラメはあまり目立たず、ほぼグレー色です。
2に関しては、画像よりもブルーに近い成形色も確認されています。
4に関しては、ラメではなく、完全なシルバー色となっています。メッキ処理ではありません。
 
 
ブルマァク版とバンダイ版の違いです。
尻尾の先に刻印があります。バンダイ版はブルマァクの刻印は消され、版元刻印も変更されています。本体にバンダイロゴマークの刻印はされていません。
因みに、袋は全て熱処理封になっています。
 

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 


現在、タイムボックスでは、今回紹介した「メカゴジラ」を超高価買取中です!
他怪獣プラモデル多数在庫中です!!

また、ゴジラシリーズ含め、他怪獣プラモデルも超高額にて買取いたします!!他キャラクタープラモデル&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!

タイムボックスでは組立書のみの販売コーナーもご用意してあります。ぜひ、コレクションにお加え下さい!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 
 

 
 
 
 

2019年2月28日木曜日

有井の「ミステリーバンク」 その2

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第148回)
 
今回は有井(アリイ)「ミステリーバンク」の版違い箱中を紹介いたします。
有井のミステリーバンクが市場に登場したのは1969年7月頃で、その後1990年代前半まで売られていた息の長いヒット商品でした。

以前報告したように、2版箱には値上げによる表記違いがあります。
1.1969年7月頃発売の初版箱。当時価格は350円。
2.1970年頃発売の2版箱。当時価格は350円でST表記は無し。
3.1972年発売の2版350円箱ST表記版。以降、箱表面左下にST表記が入ります。
4.1974年頃発売の2版400円箱。
5.1981年頃発売の2版500円箱。


箱中です。各発売時期により、ボックスパーツの成形色が違うのがわかります。
1,2のみ、マーブル色となっています。パッケージのイラストは、このマーブル成形色を参考に描かれたと思われます。

組立書に関しては、若干、メーカー名部分に変化があった程度です。

集合画像の500円箱には帯が欠品していますが、下図のように基本、5には帯が付きます。

因みに、サンキットから1967年に発売されていた最初の「ミステリーバンク」のボックスパーツは、グレーのマーブル模様となっています。



絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 


現在、タイムボックスでは、今回紹介した「ミステリーバンク」在庫中です!

また、「ミステリーバンク」他、妖怪&怪奇プラモデル超高額にて買取いたします!!他キャラクタープラモデル&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!

タイムボックスでは組立書のみの販売コーナーもご用意してあります。ぜひ、コレクションにお加え下さい!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 
 

 

2019年2月17日日曜日

ナカムラ「黄金ドクロ」のプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第147回)
 
今回は中村産業(ナカムラ)の黄金ドクロを紹介いたします。
 
 
初版発売は1967年6月で200円。その後、パッケージ画を変えて、見慣れた黄金ドクロとなります。下図は初版から、発売順に並んでいます。
箱サイズは皆同じで、約12.5×24×5センチ。下箱の内側に色が入っているのも特徴です。
 
2版と3版は、パッケージ表面のメーカーロゴに違いがあります。
パッケージ正面では、ロゴ違いしか確認できませんが、下図のように側面を比べると、色彩デザインが丸っきり違っているのがわかります。下箱内側色も違います。
英字ロゴの2版は1969年からの発売で当時価格は200円。カタカナロゴの3版は1972年からの発売で当時価格は250円です。
 
組立書は初版のみドクロの写真が載っています。
2版と3版はロゴ部分にパッケージと同じ変更があります。
 
 
タカラの変身サイボーグから広まった、スケルトンブーム時の商品の「メカドクロ」です。
組立書は新規となり、商品にはゴム蛇が付きます。
1975年の発売で当時価格は350円。透明パーツということで、内部のメカ部分が追加された新規パーツとなります。紫色のクリアパーツは、変身サイボーグの敵のキングワルダーを、また、おまけのゴム蛇は、マルイの歩く妖怪シリーズを参考にしたのかもしれません。
なぜか組立書商品名に、「メカ」の文字はありません。
 
 
発売時期は未特定ですが、ナカムラのプラモデル撤退後の発売となります。
イワホリの「黄金ドクロ」と「メカドクロ」です。
この2種は、成形色違いだけで、箱中の物は同じ物です。組立書も2種共に同じ物が入っています。メカドクロの方はスケルトンパーツにはなっていないようです。
 
 
黄金ドクロはそもそも、ナカムラが前年に発売した「マジックドクロ」が元となっています。
このマジックドクロは蛇のおまけ付きで、成形色は白色(夜光?)でした。
パッケージや組立書は、黄金ドクロ初版と同じデザインで商品名のみが違っています。
 

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 

現在、タイムボックスでは、今回紹介した「黄金ドクロ」在庫切れにて、高額買取中です!

また、「マジック ドクロ」他、妖怪&怪奇プラモデル超高額にて買取いたします!!他キャラクタープラモデル&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!

タイムボックスでは組立書のみの販売コーナーもご用意してあります。ぜひ、コレクションにお加え下さい!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで