2019年9月15日日曜日

昭和40年男 「第5回 走る ガメラ」 補足情報

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第161回)

今回は昭和40年男で連載している「プラモ棚 第5回 走るガメラ」の補足情報です。
どうしても誌面では、文字数に制限があることと、一般の方が対象ですので懐かしさが感じられる程度の軽い内容となっています。誌面を確認しつつ、より深いところをお楽しみください。

まずは、ゼンマイハンドルから。
下画像のように、初版と再版では形状と長さが違います。
初版に入っているものは、円柱に近く3センチ。74年以降の再版は少し樽型で2.5センチ。カラーバリエーションに関しては、初版初期4種にそれぞれ紺色、緑色、オレンジ色が確認されています。74年以降の再版は全種統一で緑色。
なぜか再版に、初版形状のゼンマイハンドル(うす緑色)が入っていた個体が確認されているので、若干の時差的な混ざりはあるようです。当然、初版に2.5センチの再版ハンドルが入ることはありません。

紙面では画像を載せられませんでしたが、2版の表記違い画像です。「メーカーロゴ違い」「商標印刷の有無し」の計3種が確認されています。上から発売順。
75年からリニューアル再販された歩く怪獣シリーズは、発売期間中に300円→400円→500円と値上げされましたが、子供を大切にする日東らしく、この走るシリーズは200円のまま、値上げされずに売られ続けました。

組立書は初版、小松崎版3種の計4種全て微妙に記述が異なっています。さらに、1978年の「NITTOロゴ+商標印刷」版からは縮小されました。
※縮小版のサイズは12.6×18.2センチ。


1984年の再版から全種、ゼンマイ爪が4点から2点留めに変更されています。


下図は、1992年、日東科学から金型を引きついだアリイ発売の「走る ガメラシリーズ」です。4種のみの発売でした。
金型修正が入り、ゼンマイもチョロQタイプのバッグギアゼンマイになっています。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。

ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 


現在、タイムボックスでは、ガメラシリーズ各種在庫中です!さらに怪獣プラモデル高額買取中です!!
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。

箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで


2019年8月31日土曜日

ガンプラ入手激難品!「コスモス 量産型ザク」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第160回)

今回の絶版プラモデル情報は、ガンプラコレクター超絶レア品と言われている「コスモス製 1/144量産型ザク」を紹介いたします。

実はこのザク、絶版プラモデル情報局でもたびたび紹介する昭和の産物、「●●っぽい プラモデル」シリーズです。しかし、究極のそっくり商品ですので、「●●っぽい」を通り越して、危険な商品でした。

ガンプラコレクターアイテムが紹介されている書籍では「ガンプラジェネレーション(講談社1999年4月14日発行)」と「ガンダム・エイジ(洋泉社1999年4月9日発行)」が資料性も高くお勧めです。

「コスモス製 1/144量産型ザク」は、「ガンダム・エイジ」の方で紹介されています。

左がコスモス製、右がバンダイ製です。
分かり易い違いは側面に見られます。 コスモス製は側面のバンダイロゴ部分にザクシールが貼られ、別側面では、版権シールでバンダイロゴが封印されています。
 

箱中です。組立書が袋の中に入れられ、セロテープで封をされています。
組立書がビニールの中に入っているのは、箱入りではなく、箱無しの状態でも流通させることができたためとの噂があります。

同時期の正規バンダイ製ザクとの比較画像です。
 
組立書はコスモス社の独自印刷です。
これは、「ZAKU」ではなく、「ZATUKU」のようです。

驚いたことに、コスモス製はオリジナルの金型まで制作していたようです。胴体部分パーツの位置が逆になっているのがわかると思います。
ランドセル部分など、ランナー構成も若干違っています。
このコスモス製ザクは、コスモス自販機で「あたり」がでると、その「あたり券」で交換できたとの話です。箱は、当時のザク箱をコピーして制作されているため、版権シールもそのまま印刷されてしまっています。なので、印刷された上に再度版権シールを貼りつけているので、版権シール位置は必ず足下になります。箱正面写真からコスモス製か見分ける重要ポイントとなります。
このコスモス製ザクの流通時期は、コピー元のザク組立書が「1981年・ON G.C」ですので、その頃だと思われます。当然、コスモス製組立書にはこの年号は印刷されていません。

昭和というカオスの時代、パチ物プラモデルは数多く生まれ、今ではコレクションンアイテムの1ジャンルを確立しています。
その中で、ガンプラブームの闇の中で生まれた、極悪なパチ物プラモデルこそ、このコスモス「ZAKUTU」なのです。 


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。

ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 


現在、タイムボックスでは、ガンプラ各種在庫中です!レア品ガンプラ高額買取中です!!
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。

箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで


 
 






2019年8月18日日曜日

ブルマァク ウルトラセブンシリーズ(小)

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第159回)
 
今回はブルマァクのウルトラセブンシリーズ(小)を紹介します。
 
 
1971年発売。当時価格は50円。
マルザンからの金型流用品です。
上画像の物はウルトラホーク1号以外は「ST表記有り」版ですが、4種全てに「有り」と「無し」版が存在します。
50円箱に貼られている版権シールは、セブン、新マン、エースと3種類が確認されています。
ウルトラホーク1号以外は、成形色や金型違いなどが確認されています。
マグマライザーのみ、ブルマァク初版として初期のブルマァクロゴ(漫画牛ロゴ)が使用され、全く違った絵柄の初期物が存在します。
 
 
1972年発売。当時価格は4点シュリンプパックで300円。単品75円。
パッケージが新調された75円箱。新調といっても、ゼンマイ版のパッケージの使い回し。
75円というのは、4点パックシュリンク発売が4点300円だったので、1/4の1点75円ということ。
ポインターは珍成形色があり、標準色、赤色、金色、メタリックブルーなどが確認されています。
 
ウルトラホーク1号のみ、側面にマットメカが紹介されています。
これは、同時期に50円売りのマットメカもパッケージが新調されましたが、マットメカは「マットアロー1号」「マットアロー2号」「マットジャイロ」の3種類しかなく、4点パックにするためにウルトラホーク1号を参加させていたためと思われます。
 
 
箱大きさは50円、75円箱とも同じで、10×16×3センチ。
75円箱裏は4種ともに一部カラー色になっています。
50円売りの箱裏は、ST表記「有り」「無し」版で違いがあります。
 
 
ウルトラホーク1号のみ、1985年発売のマスターモデルス(日東)「T.D.F ポインター」に、おまけで参加しています。当時価格は1000円。
ポインター自体はマルザンのポインタースカイラインの復刻で、ゼンマイ走行も再現されています。
 
ウルトラホーク1号は、本来あるはずの前輪脚の金具が省略されて、後輪脚も切り取るように指示がされています。
プラパーツ自体は、前輪後輪含めそのまま付いていますので、自作再現可能かと思います。また、β号の発射分離のためのスプリングは付いているので当時のまま遊べます。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。

ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 



現在、タイムボックスでは、今回誌面で紹介した「セブン 小箱シリーズ」在庫中です!
https://www.timebox.jp/products/15659483856.html?
https://www.timebox.jp/products/15659482726.html?
また、他のウルトラプラモデル多数在庫中です!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。

箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで


 
 
 
 
 
 
 

2019年7月17日水曜日

昭和40年男補足情報 今井&バンダイ「カブト虫」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第158回)
今回は昭和40年男で連載している「プラモ棚 第4回」+夏特集の補足情報です。
どうしても誌面では、文字数に制限があることと、一般の方が対象ですので懐かしさが感じられる程度の軽い内容となっています。
最新の検証情報と共に少しばかり深情報をお届けします。
誌面を確認しつつ、お読みください。
まずは、前ページの夏特集で紹介した懐かしプラモの補足から、、、、
紹介したP1-0号は新生今井科学の初版で50円のキャラメル箱タイプ。画像右の再販100円上下箱の方が、市場にも良く出るので知ってる方は多いかもしれません。
マジックファン、ウルトラファンは横箱の方が初版です。
良く見ると、初版は日東ロゴ変更前だと気がつくと思います。
さて、「みくに文具のプラモ棚」で紹介した精密3倍カブト虫は、実は今井科学から発売された物で、倒産後にバンダイが引き取り、バンダイブランドで再登場させたものです。
昭和40年男さん世代的にバンダイ版の方が初体験となっているので、そちらをメインにしましたが、今井科学版も紹介しておきます。
今井科学のカブト虫です。
発売は1969年3月でKIT.NO.90110。今井科学は7月倒産とのことなので、倒産直前商品群の1つです。特徴はカラーの生態図が入っていることです。タグも今井科学の物です。
(今井科学版)
組立書には、「ギヤーボックスの組み立て」箇所のギヤー図の有無し版の2種が確認されています。ギヤーボックス全体図が描かれている方が後発売です。変更後の組立書がバンダイに引き継がれています。この変更は他の虫シリーズにも確認されています。
今井科学の昆虫シリーズは前年発売された「テントウ虫」が第一号です。この今井科学の「テントウ虫」は入手困難な激レア物です。


(バンダイ版)
大きな変更点はパッケージの「カブト虫」のタイトル色が緑色から茶色に変更されたことです。全体的に言えば、バンダイ版の商品は今井科学かバンダイかのロゴの違いだけで、内容物、品番まで、ほぼ同じ物で商品スタートされています。
今井科学倒産後の在庫処理で、今井科学の商品のまま、バンダイロゴのシールのみ貼られ市場に流されたものがありますが、この昆虫シリーズでは、今の所そういった商品は確認できていません。

以下、発売年での内容物の変貌です。
①(未確認)70年キャンペーンが始まる前に出荷された物。未確認ですが、あるはず。
②70年キャンペーンシールが貼られている物。品番はKIT.NO.90110。袋綴じにタグが使用されている。この70年4月開始のキャンペーンは、50日目でアイデアカードが1万通応募があったほどの大盛況。
③71年キャンペーンシールが貼られている物。品番はKIT.NO.90110。袋綴じタグは廃止。昆虫生態図の代わりに昆虫シールが1枚入る。シールは2種類確認。クロオオアリにはこれとは別の少し大きめなシールが入る。
④72年キャンペーンシールが貼られている物。品番はKIT.NO.90110。袋綴じタグは無し。
⑤(未確認)72年キャンペーンシールが貼られている物で500円への値上げ版。値上げされた場合は品番も変更され8301-500となっているはず。値上げのタイミングで、箱中のブリスターパック仕様も廃止されたかもしれない。袋綴じタグは無し。
⑥キャンペーンシール無し。当時価格500円。品番は8301-500。箱中のブリスターパック仕様は廃止。昆虫シールは初期には入っていたが、後に廃止。ギヤーボックスの角上下機構が外され、パッケージからも「歩くときにつのが上下に動きます。」の記述が無くなる。
⑦海外版。昆虫シール無し。ギヤーボックスの角上下機構無し。⑥と同じ仕様なので、⑥⑦どちらが先か不明だが、同時期での展開と思われる。

※⑥の絵柄で英文字版もある可能性がある。カミキリムシは「小松崎氏イラスト+英字」版が確認されている。
※①~⑥は若干、イレギュラーな仕様の物もあるが、基本構成は上図の通り。
※海外版画像はネット拾い物です。


カブト虫完成品の上からの図。
眼のみ赤で塗られていますが、素組みでも非常にリアルです。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。

ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 



現在、タイムボックスでは、今回誌面で紹介した「オニヤンマ」在庫中です!
https://www.timebox.jp/products/15107170716.html?
https://www.timebox.jp/products/14901640526.html?
また、他の昆虫プラモデル多数在庫中です!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。

箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで


2019年7月9日火曜日

緑商会「シービュー号2版」の仕様違いの見分け方

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第157回)
今回は緑商会「シービュー号(小・2版)」の仕様違いの見分け方を紹介します。

1974年に発売されたゴム動力の「シービュー号(小)」。当時100円で手軽なキットでした。何個も作った記憶のある方も多いのでは。 箱のサイズは10×17.5×3センチ。
箱中を見ると、組立図に違いがある個体に遭遇することがあります。

下図のように、組立図が別紙のタイプと上箱裏に印刷されているタイプです。
この2タイプは、外箱正面から見分けがつきます。

見分け方は簡単です。箱に貼られている印紙は4種類(4色)のどれかなのですが、その印紙の色で2タイプを見分けることができます。
赤色、黄色だと「別紙版」。青色、緑色だと「上箱裏印刷版」となります。今の所、私の確認できている個体では100%の確率です。

赤色印紙は1969年発売の初版と同じものなので、使用されている個体は極端に少ないです。また、緑色印紙も割と少ない印象です。当然、組立図別紙版の方が先発売です。


1969年発売の初版も紹介しておきます。
1969年7月発売で当時50円。キャラメル箱タイプ。ST表記なし版とあり版が存在します。
ST表記なしの初期発売分の方が現存数は少ないようです。

組立図は箱裏に描かれていますが、再版も、この初版版と同じ物が流用されています。
(再販は、緑商会の住所記述で、「転写マーク」の文字だけ消えています)


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 



現在、タイムボックスでは、水物プラモデル多数在庫中です!
また、緑商会シービュー号シリーズ、高価買取中です!! 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。

箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで

2019年6月28日金曜日

マルイ 「アポロ月着陸船」の組立書

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第156回)
 
今回はマルイのアポロ月着陸船の「組立書」を紹介いたします。
第107回にて上昇下降を繰り返す緑商会の「宇宙ロケットの組立書」を紹介しましたが、
アポロ月着陸船も同じようなギミックのプラモデルです。ギミック装置比較など、お楽しみ下さい。
 
発売は昭和44年で当時価格は700円。箱サイズは40×26×7センチ、RE-14モーター付き。
箱には「1/45スケールモデルで飾っておくだけでも抜群です。」と紹介されています。
 
ぜひ、妄想組み立てしつつ、ギミックの仕組みをお楽しみ下さい。
 
 
 
 
 
マルイのアポロシリーズは、No.1「アポロ飛行士」、No.2「アポロ宇宙船(母船)」、No.3「アポロ月着陸船」の3種が発売されています。No.2が一番出にくい気がします。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 



現在、タイムボックスでは、今回紹介したマルイのアポロシリーズ「アポロ飛行士」を在庫中です。他、宇宙関係、特にアポロ関係のプラモデル多数在庫中です。
https://www.timebox.jp/category/a1-b11-c17.html
他、今井科学のキャラクタープラモデルも多数在庫中です!
  
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 

2019年6月19日水曜日

今井科学「怪獣 アロン」のプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第155回)
 
今回はマグマ大使の「怪獣 アロン」です。
未組立状態では、めったにお目にかかれない非常にレア度の高い逸品ですが、完成品は稀に市場に出ますので、発売時期のわかるポイントなどを紹介します。
 
 
「怪獣 アロン」ですが、今井科学では珍しく、パッケージには写真が使用されています。
発売は1966年12月で当時200円。ゼンマイ歩行。完成品全高約13センチ。
50年史データベースでは「ファミリーシリーズ」として登録されていますが、欠番のジュニアシリーズNo.1だったとの話もあります。後に、ガルバやワニラなどのオリジナル怪獣のシリーズ「ウルトラシリーズ」に組み込まれます。
 
 
上画像は67年の今井科学カタログから。
カタログ写真は原型サンプル?なのか、歩行爪が写っていません。
 
ゼンマイ歩行ですが、実際は下部から出ている爪による歩行となっています。もちろん、足も連動して動きます。
この歩行用の爪には、発売時期で2タイプが確認されています。
初期タイプは金属製で、後期タイプはプラ製となっています。
 
完成品画像のゼンマイが赤色プラ製となっていますが、正規付属されていた当時物かは不明です。
爪が金属製の初期タイプには、よくある金属製のゼンマイが付属しているのが未組個体で確認されています。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 

現在、タイムボックスでは、今井科学の「アロン」初期タイプの完成品を在庫中です。資料用に撮られた箱写真つきです。
他、今井科学のキャラクタープラモデルも多数在庫中です!
  
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで