2020年7月30日木曜日

昭和40年男 「第10回  オバQシリーズ」補足情報

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第182回)

今回は発売中の「昭和40年男」で連載しているプラモ棚「第10回  アオシマのオバQシリーズ」の補足情報です。
全国の書店、コンビニに並んでいると思いますので、ぜひ、お手に取りください。タツノコランド版の集合写真は必見です!

誌面で紹介しきれなかった「補足情報」、お手元の40年男と比較しながらお楽しみ下さい。

●まずは最初に、「ドロンパ」基本情報から。
プラモデル情報ではなかったので削ったのですが、誰かに聞いてもらいたい!「ドロンパ」話です。
ドロンパの胸の一つ星は、出身地テキサス州の州旗、ローンスターから。
ペロンパという妹がいるそうです。
ドロンパの絵描き歌は3番目。Qちゃん、O次郎が、絵描き歌の1番、2番。3番がドロンパ、4番はP子。

●トコトコプラモについて
誌面ではキャラ物トコトコプラモの最初はポパイと紹介しました。
メーカーは東京プラモ。成型色は画像の青色タイプと赤色が確認されています。

キャラ物ではないのですが、前年の1963年に今井科学から、トコトコシリーズは出ています。動物シリーズです。プラモデルとしては、これが国内初かと。発売は50年史データベースでは63年3月と登録されています。
シリーズは「No.1 あるく熊」「No.2 あるく剣竜」「No.3 あるく象」「No.4 あるく恐竜」「No.5 あるく親子象」の5シリーズ。
基本、4脚歩行ですが、シリーズ4にて、2脚歩行の恐竜が登場しています。プラモデルとしてはこの恐竜が2脚トコトコ歩行では初かと。
このシリーズは、1箱2体入りの横長箱でしたが、1体入りの単品発売もされていました。
シリーズ1の「あるく熊」は白と黒の2体入りでした。

●店内非売品ポスター
誌面で紹介している店内ポスターは51×19センチと縦長サイズで大きいです。
「新発売」「全国テレビ放映中」の文字が並んでいます。三輪車シリーズは、まだ掲載されていません。

●ST表記箱と80円箱と300円シール
誌面で紹介したST表記箱と80円表記箱と300円シールの画像です。目立つ感じでST表記がされています。
このキャラメル箱オバQシリーズのコンプリートを目指すとすれば、ドロンパは「初期のピンク塗り50円」「50円箱」「50円箱ST表記」「80円箱ST表記」の4種を集めないといけません。なかなかのハードルです。

●トコトコ歩行の進化
オバQシリーズと最終系のムーミンシリーズの比較画像です。シリーズ内では全て脚は同じ形状となっています。
トコトコ歩行をスムーズにさせるには、足の裏はあまりアールにはしない方がいいみたいです。因みに、O次郎は足の下に足があるように見えてしまいます。

●ゼンマイ歩行シリーズ
ドロンパの右手がゼンマイネジになってる詳細です。


●ゼンマイ歩行シリーズ ピンク色足
誌面で紹介している画像のように、広告では足も体と同様にピンク色に塗ってあるので、もしかしたら初期ロットのドロンパは、足のランナー枠もピンク色に塗装されて出荷されていたんじゃないかと推測しています。物がでてこないと証明できませんが、今のところ完成品ジャンクでも、そんな個体は確認できていません。

●ゼンマイ歩行シリーズのタグ
タグの表は、誌面のように50円シリーズの紹介となっていましたが、裏面は三輪車シリーズの紹介となっています。
さらに、正ちゃんのイラストだけ、駄菓子屋系パチ物風になっています。
発売当初は、このタグは付いていなかった可能性があるので、現在調査中です。

●アオシマニュース
アオシマニュースの記念すべし第1号に、オバQシリーズが紹介されています。
※昭和46年11月1日発行

●ゼンマイシリーズ同梱チラシ
ドロンパに入っていたチラシです。
当時のアオシマ商品が紹介され、時代が感じられます。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。 
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは今回紹介したオバQシリーズ、全て在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております!

また、完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデル、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルなどもさらに買取強化中です!!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで



2020年7月19日日曜日

マルサン電動怪獣「ペギラ」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第181回)

今回は、1966年にマルサン商店から発売された電動歩行プラモデル「ペギラ」を紹介します。
絶版プラモデル情報局では、マルサンのウルトラシリーズ電動怪獣プラモデル「ガラモン(第67回)」「ゴメス(第118回)」「ギャンゴ(第129回)」と紹介してきましたが、新作のウルトラマンZに「ペギラ」が出演したとのことで、記念紹介です。

発売は1966年。当時650円で品番はART NO.555。箱サイズは36.2×25.5×6.5センチで、完成全高は23.6センチ。
リモコンにより両腕を振りながら電動歩行します。
組済み完成品は、尾に取り付ける「重し岩」が無い物が多いです。
完成品ジャンクはわりと多く見かけます。 ペギラは100円タイプのマスコットも当時発売されています。

箱の中身です。
ペギラのリモコンは青ブリキしか見たことがないのですが、もしかしたら黒プラリモコンは無かったのかもしれません。現在調査中です。

©(コピーライト)の刻印はお腹にあります。 
造形は子供向けソフビのようにぽっちゃりタイプです。トドラやバラゴンのように、マルサン電動怪獣は、リアル造形物に人気があるので、ペギラの人気の無さは、この造形も一因と言われてきました。

バランスをとるための「重り岩」です。

箱側面です。テイストの違うイラストが2つ紹介されています。

組立書は両面印刷。38.5×26.5センチと大きいです。
発売時期による箱の表記違い、組立書の表記違いは今のところ確認できていません。

ペギラは、「痛み箱が多い」「電動怪獣の中でも安い奴」みたいなイメージが昔にはありましたが、現在の未組立評価は見直され、マルサン電動怪獣中堅あたりとなっています。
不人気のイラスト箱も再評価されています。

数多くのマルサン電動プラモを売ってきた某アンティークショップオーナーさんも、
「そう。実は、カネゴンやウルトラマンの未組は、よくあったけど、ペギラ(大)は少ないんだよね。でも、イラスト箱だからか、差別されちゃって、なんとなく人気がないイメージがついちゃって、数があるみたいなイメージが付いたんじゃないかな?、、、」と話されています。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。 
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは、マルサン電動怪獣未組立「ガラモン」など、
マルサン電動怪獣組済みを多数在庫中ですので、お気軽にお問い合わせお待ちしております!

また、今回紹介したマルサン電動怪獣をはじめ、60年代、70年代、80年代の怪獣プラモデル高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。


また、各メーカーの宇宙シリーズ、完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデルでも、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで




2020年6月30日火曜日

雑誌広告 アオシマ「アポロ編」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第180回)

今回は、週刊誌に展開されたメーカーの広告から、アオシマの「アポロシリーズ」を紹介します。
アオシマの「アポロシリーズ」は、1969年夏から順次シリーズ発売されたヒット商品です。前回紹介した「ワイルド7」が72年ですから、アオシマの数年前歴史となります。アポロシリーズのいくつかはロングラン商品となり、2000年には初版パッケージで復刻再版されています。

それでは、横扱いの広告をメインに掲載順に、手持ち分で紹介していきます。
週刊少年チャンピオン(昭和44年8月27日号)です。
60年代から続く、青島ブランドのSFオリジナルメカも下枠で紹介されています。
アポロシリーズはまだ、「予定価」になっています。
カプリ1は「アポロ」の名称は入っていますが、月面上でアポロを回収するパッケージのSFオリジナルメカとなっています。その後、現実世界風に、海上でアポロカプセルを回収しているパッケージに変更されます。

週刊少年チャンピオン(昭和44年9月10日号)です。
アポロシリーズは「予定価」のままで、上号と内容は同じとなっています。



週刊少年チャンピオン(昭和44年11月5日号)です。
10月分広告で、「イーグル5号」「コロンビア」が先発売されたようで、「予定価」が取れています。そして、「アポロ救急作業車」が増え、その後、今号の広告内容となります。「アポロ救急作業車」の「予定価」は今号までに300円→350円と変更になり、今号で350円と落ち着いた模様です。「カプリ-1」と同様オリジナルSFです。


週刊少年チャンピオン(昭和44年11月19日号)です。
内容的には上号と変わらずです。


週刊少年チャンピオン(昭和44年12月17日号)です。
「アポロ司令船」は発売されたようですが、「ジュニア月着陸船」は近日発売のままです。


週刊少年チャンピオン(昭和45年1月21日号)です。
「ジュニア月着陸船」が広告から消え、突然「月をまわるアポロ月球儀」が掲載されます。


週刊少年チャンピオン(昭和45年2月18日号)です。
「ジュニア月着陸船」も再登場、発売済み。これで、アポロシリーズ第一フェーズがそろった形になります。今号以降は万国博とのコラボ的なものになっていきます。


週刊少年チャンピオン(昭和45年3月18日号)です。
万国博を前面に出したフェーズ2広告になっています。さらにアポロキットには万国博ミニガイドが入っていると告知されています。
今号から、「アポロドッキング」「ジュニア月着陸船」「アポロ救急作業車」の完成写真の塗装が大きく変わります。


週刊少年チャンピオン(昭和45年4月15日号)です。
「万国博会場でアオシマのアポロが売ってるよ」と告知されています。
新製品「アポロカプセル」が予告されています。5月売りの掲載広告で発売済みとなります。


週刊少年チャンピオン(昭和45年6月17日号)です。
万国博は9月まで続いていますが、アオシマの広告メインは「まんがシリーズ」に舵を切ります。今号掲載以降、アポロシリーズは姿を消し、「まんがシリーズ」全面広告となります。キャラクタープラモデル色の強いアオシマの誕生です。


こういった広告を見るだけでも、当時を思いだし、わくわくできるはずです。
当時を知らない世代にも、新鮮な資料に映るはずです。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。 
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスではアポロ計画含む各宇宙物のレアプラモデル在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております!
モデルカテゴリー「宇宙」からご覧下さい。
https://www.timebox.jp/category/a1-b11-c17.html

また、各メーカーの宇宙シリーズ、完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデルでも、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで





2020年6月14日日曜日

雑誌広告 ワイルド7編

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第179回)

今回は、週刊誌に展開されたメーカーの広告から、「ワイルド7」を紹介します。
アオシマの「ワイルド7シリーズ」は、1972年11月から順次シリーズ発売されたヒット商品です。今でも人気の高い絶版プラモデルとなっています。

それでは、資料のある分、掲載順に紹介していきます。


週刊少年チャンピオン(昭和48年2月12日号)です。50円シリーズは近日発売で紹介されています。


週刊少年マガジン(昭和48年3月4日号)です。下のチャンピオンと同時期広告です。同時期広告ですが、デザインは違うものを出稿しています。


週刊少年チャンピオン(昭和48年3月5日号)です。上のマガジンと同時期広告です。同時期広告ですが、デザインは違うものを出稿しています。


週刊少年チャンピオン(昭和48年4月2日号)です。50円シリーズがまた、告知されるようになりました。


週刊少年キング(昭和48年6月4日号)です。50円シリーズ発売中となります。


こういった広告を見るだけでも、当時を思いだし、わくわくできるはずです。
当時を知らない世代にも、新鮮な資料に映るはずです。

その昔、雑誌の切り抜きなどをスクラップブックにする時代もありました。スクラップする際の注意点としては、「どの雑誌」「発売号」などの掲載情報も一緒に保存しておかないと、資料的な価値はなくなってしまいます。
プラモデルに入っている「ミニチラシ」や「ミニカタログ」なども、別保管するときは、何のプラモデルに入っていたものかわかるようにしておくと、資料としての価値にプラスαされます。 いまでしたら、気軽に携帯で高解像度の写真が撮れますので、紙物資料の保存にはひと手間おかけください。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。 
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは75年発売、アオシマの「ワイルド7シリーズ」在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております!

また、ワイルド7シリーズ完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデルでも、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで






2020年5月30日土曜日

永大グリップの「マッハ号」プラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第178回)

今回は、永大グリップの「マッハGOGOGOシリーズ」プラモデルを紹介いたします。

マッハ号のプラモデルは、古くは今井科学から発売され、今回紹介する永大グリップや、バンダイ、日東科学、シーホース、アオシマなど、様々なメーカーから発売されました。人気の高さから、レア物が多いシリーズでもあります。
特に得意なジャンルでもありませんが、人気のわりに情報の薄いところでもありますので、完ぺきではありませんがまとめてみました。追加や訂正など、最新情報が入り次第、更新していきたいと思います。

下図は永大グリップの1975年秋頃のチラシです。マッハGOGOGO紹介部分を抜き出し紹介しています。
80円サイズの「小」は、まだ紹介されていません。1000円のリモコン版マッハ号が紹介されていますが、発売されたのか不明です。


●リモコン式 マッハ号(1000円)
発売されたか未確認。チラシにはパッケージで使用されたと思われるイラストがあり、翌年発売の80円マッハ号箱には「マッハGO GO GOシリーズNo.4」と表記されていることからも、リモコン版を数にいれるなら4種となり、1975年のシリーズ初期に発売された可能性は高い。


●マッハ号 (500円サイズ・75年発売)
まず、見かけない非常にレアなプラモデル。画像は15年前にネットオークションで見かけたもの。パッケージは80円サイズと同じものであるが、グリップロゴの位置などが違っている。
組立書のアフターサービス文面で、出荷エラー品でも送料は購入者持ちとなっているのが珍しい。
ホイールランナー枠はメッキ仕様。箱中の帯はパッケージと同じイラストが使用されている。


●マッハ号 (300円サイズ・75年発売)
500円サイズほどではないが、これも非常にレア。箱サイズは15.5×22.5×4.5センチで品番は「KIT NO.51-300」。パーツにメッキ処理は無い。


●マッハ号(80円サイズ・76年6月発売)
箱サイズは11×14.5×3センチで品番は「KIT NO.548」。
「ゴワッパー5 4点パック(B)」に一緒にパッケージされていたもの。ゴワッパーメカは6種類のため、Aセットから漏れた2種「ヘリマリン」「エイプレーン」とタイムボカンシリーズから「ドタバッタン」そして「マッハ号」の4種がBセットとしてシュリンク商品になっていた。そのため、シュリンク未開封はもちろん、単品状態も非常にレア。
箱に「マッハGO GO GOシリーズNo.4」と表記されている。


300円サイズと80円サイズを大きさ比較した画像。
80円サイズの側面にゴワッパーメカAセットが紹介されているのが見える。


●マッハ号2版 (500円サイズ・78年頃?)
発売時期は説明書の形式から1978年頃と推測。
箱サイズは19×27×5センチで品番は「KIT NO.52-500」。組立書のアフターサービス文面で、出荷エラー品の送料は無料と変更になっている。
箱中の帯も新パッケージ画が使われ新しくなっている。初版と同じくホイールなどはメッキ処理されている。


~永大グリップ マッハ号の再版~

●アルカンシエール製 「マッハ号」 (83年8月発売)
1983年8月、ARC EN CIEから「珍品モデル マッハ号」として発売。当時価格は800円。箱サイズは19×27×5センチでシュリンク発売だった。永大グリップのマッハ号2版(500円)タイプを復刻させたもので、ホイールなどのメッキ処理も再現されている。


●フジサキ製「マッハ号(大)」「マッハ号(中)」(84年11月発売)
アニメ名作シリーズ。一瞬同じものに見えるが、よくみると「(大)」「(中)」と表示されている。
「(大)」は永大グリップの500円版。品番は「FO101-600」、当時価格は600円で箱サイズは18×25.5×5センチ。ホイールなどのメッキ処理されていたパーツは成型色のまま。
「(中)」は永大グリップの300円サイズだった物。品番は「FO102-400」当時価格は400円で箱サイズは15×22.5×5センチ。

フジサキ製のマッハ号は、当時の永大グリップ版を作りたいときに一番手ごろに入手できるシリーズとなっています。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。 
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは75年発売、永大グリップの「マッハ号300円サイズ」在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております!

また、各メーカーのマッハGOGOGOシリーズ完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデルでも、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで






2020年5月18日月曜日

昭和40年男 「第9回  ガッチャマンのプラモデル」補足情報


~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第177回)

今回は発売中の「昭和40年男」で連載しているプラモ棚「第9回  ガッチャマンのプラモデル」の補足情報です。
全国の書店、コンビニに並んでいると思いますので、ぜひ、お手に取りください。タツノコランド版の集合写真は必見です!

誌面で紹介しきれなかった「補足情報」、お手元の40年男と比較しながらお楽しみ下さい。

●プラモデル情報でもなかったので、削除したネタです。
ガッチャマンのロゴをデザインしたのは、あの大河原邦夫氏です。
ガッチャマンがメカデザイナーとクレジットされた最初の仕事だったようです。
しかも日本アニメ界で初めて「メカデザイナー」とクレジットが入ったのがガッチャマンだったそうです。
※「僕たちの好きな 科学忍者隊ガッチャマン」(宝島社)より


●G-2号の完成品
組立図で小さく写ってはいますが、大き目の画像をどうぞです。完成品、非常に出来が良いです。


●誌面では紹介できなかった万創版の箱絵残り4種です。
箱サイズはG-4号のみ23×34×6.5センチと大きいです。
※ゴットフェニックス画像はnandemopuramoさんブログより

10年ほど前に、ゴッドフェニックスの原画のみ、市場で見かけたことがあります。

誌面で紹介した通り、1話、3話、4話の鉄獣が描かれています。2話鉄獣は1話と同じタートルキングです。5話と6話の幽霊戦隊とミクロスだと、少し背景鉄獣には弱かったのかな?とのことで、G-4の背景は7話登場のカマキリ戦車となっています。
この中の視聴率で言うと、G-3の背景に描かれているメカデゴンの第4話が25.5%で最高だったようです。

●「シュバ シュバ シュバ シュバー」で始まる曲が、最初のOP曲
今回、再認識したのは、「シュバ シュバ シュバ シュバー」で始まる曲が、最初のOP曲だったということです。テンポの良い「誰だ 誰だ 誰だ~」の曲がOPだと印象付けられてきたので、すっかり忘れていました。昔の感覚を再度呼び戻すと、やはり、OPは「シュバ シュバ シュバ シュバー」ですね。 調べると、23話からOPとED曲が入れ替わったそうです。
YouTubeのタツノコチャンネルでは1話、2話、3話無料で公開していますので、確認できます。お勧めです。


●G-4号の造形美
誌面で触れましたが、プラモデルはシャープな造形になってます。特にG-4号。バンソウのTOYはアニメの設定に近いものとなってます。並べると違いがよくわかります。
完成品はデカールが貼ってないので、スッキリと見えます。


●タツノコランド版には、おまけでステッカー
タツノコランド版には、おまけでステッカーが付いていました。万創にはついていません。


●タツノコランド版の組立書
本文で大きさ変化に触れましたが、タツノコランド版のポスター風の組立書は組立図部分の割合が大きくなっていてカラーも付き、読みやすくなっているように見えますが(誌面の図参照)、内容は万創時のそのままなので、読みにくさ、わかりにくさは変わっていません。

●タツノコランド版のG-4号箱中
帯があるわけでもないので、誌面紹介はしませんでしたので、こちらで紹介しておきます。キャタピラはプラとの干渉を避けるために、袋から出して別保管しています。

●タツノコランド版の値上げに関して
タツノコランド版は100円値上げされたと誌面で紹介しましたが、ゴットフェニックスのみ発売初期定価の600円個体しか現物確認できていません。G1,2,3が500円から600円に値上げされ、シリーズバランスとしてはG4以外全て600円ということで統一されてそのままだったと言うことも考えられます。現在、700円表記の現物確認待ちです。G4も800円から900円に値上げされています。


●タツノコランド版の背景鉄獣
G1は「レンジラー」 73年6月10日放送の37話。 視聴率11.1%
G2は「デブルスター専用円盤」 73年2月4日放送の19話。 視聴率19.6%
G3は「キングドラゴン」 73年2月25日放送の22話。 視聴率20.4%
G4は「アイス・キャンダー」 72年12月31日放送の14話。 視聴率19.2% 
ゴッドフェニックスはG2とは別タイプの円盤が飛んでますが、見つけられませんでした。
万創倒産が1973年6月19日とのことなので、G1に関しては、その頃の最新鉄獣を背景に選び、G2は19話タイトルが「地獄のスピード・レース」とのことで、G2に関わりありそうな場面から選ばれたとと思われます。G3以降は特に、繋がりは無さそうな感じを受けます。機会があれば、今後、本編で確かめたいと思います。


~まとめ~
ガッチャマンプラモデルは万創、タツノコランド以外に、SAITO、今井科学、シーホース、グリップ、バンダイ、サニー、フジサキと数多くのメーカーから発売されています。サンダーバード秘密基地で有名な今井科学からは、「ガッチャマン秘密基地」なるものもでています。秘密基地に関しては、Gメカがメタル仕様の再版はよく見かけますが、初版のGメカもプラ製の物は、なかなか出会えません。

最近の相場でみると、万創版、タツノコランド版共に、ここ数年でG-2、G-3号が急激に高くなった感じがしています。ただ、G-1号は相場変動なく変わりないです。 シーホースやグリップの再版ゴットフェニックスは、相場も下がらず安定しています。


絶版プラモデル情報局の第134回では、G-1号のプラモデル特集をしていますので、そちらもご参考にしてください。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。 
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは宇宙戦艦ヤマトのプラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております!

また、完成品、箱だけ、組立書だけ、ジャンクなどのプラモデルでも、バンバン高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで