2019年4月29日月曜日

今井科学の「スーパーマンカー」初版・再販

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第152回)
 
今回は今井科学から発売された「スーパーマンカー」の初版・再版を紹介いたします。
初版は言うに及ばず、再版のスーパーマンカーも非常に入手困難となっています。版権の関係からか、復活した今井科学最初期に発売されたのみで、その後再販はありません。
 
上画像で左が初版のスーパーマンカーで、右が再販版です。

●初版「スーパーマンカー」
発売は1967年9月で当時価格は150円(Kit No.488)。
イマイジュニアシリーズNo.9。ゼンマイ走行、ミサイル発射、障害物に当たるとスーパーマンが飛び出します。悪者退治ゲーム台紙付き。箱サイズは15×24×3.7センチ。
 
●再販「スーパーマンカー」
発売は1971年(70年の可能性もあり)で当時価格は150円(No.B-001-150)。
ミニカーシリーズNo.1。ゼンマイ走行でミサイル発射。箱サイズは14.5×21×3.5センチ。
初版にあったスーパーマンが飛び出すギミックは省略され、悪者退治ゲーム台紙やデカールは付きません。
品番のB-001から、倒産後に復活した今井科学第一号プラモデルの可能性が高いと思われます。因みに、B-002は「バットマンカー」、003は「マッハ号」、004は「2000GT(未確認)?」、005は「妖怪自動車」と続きます。
 
 
それでは、初版と再版の見分け方ポイントを紹介していきます。
再販で省略されたスーパーマン飛び出しギミック部分です。
再販の組立書には、スーパーマンを本体に接着するように指示があります。
 
成形色にも違いがあります。
スーパーマンカー本体はほぼ同色ですが、上図にある初版の白パーツ部分が、再版ではシルバー色となっています。
下画像は再販のシルバー色部分です。
再販にはデカールも付属しないので、完成品写真のみの場合は、「デカール有or無」「成形色が白orシルバー」が初版か再販かの見分けるポイントとなります。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 

現在、タイムボックスでは、今回紹介した初版の「スーパーマンカー(完成品)」、初版再販のカタログ使用?用に撮影された紙焼きなどが在庫中です!
●スーパーマンカー完成品
https://www.timebox.jp/products/14272617586.html?
●紙焼き
https://www.timebox.jp/products/15427829036.html?

また、他キャラクタープラモデルも多数在庫中です!!
 

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 
 

2019年4月17日水曜日

商品版と違う箱絵シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第151回)
 
今回は、箱側面で紹介されたイラストとは違う箱絵が使用されたプラモデルを紹介いたします。
 
●バンダイのガッチャマンⅡシリーズから「イーグルシャープ・G-1」
側面は製品版のゴットフェニックスと同イメージで描かれたイーグルシャープが掲載されています。100円シリーズも別イラストです。商品版はコチラ。
 
 
●永大グリップのタイムボカンシリーズから「チョロ坊」
側面紹介では恐竜時代の背景で描かれています。このイラストはNo.1の「タイムボカン」からNo.6の「ヤゴマリン」までの側面で紹介されています。No.7の「テントウキ基地」以降は(小)や(大)の商品箱絵が使用されています。商品版はコチラ。
 
 
●トミーの恐竜探検隊ボーンフリーシリーズから「ボーンフリー1号」
「フリービーグル」「フリーマッカール」「フリーシーガル」の3メカの側面には、この「ボーンフリー1号」のイラストが使用されていますが、「ボーンフリー2号」の側面には商品版の1号のイラストが使用されています。商品版はコチラ。
 
 
●ブルマァクの帰ってきたウルトラマンシリーズから「マットアロウ1号」
「マットアロウ2号」や「マットジャイロ」は側面と同じイラストが商品版に使用されていますが、「マットアロウ1号」のみ変更になっています。3種縦長のデザインで統一をされているので、それに合わせた変更と思われます。商品版はコチラ。
 
当時のカタログなどには、ダミー用に描かれた物が紹介されている場合がありますが、箱側面に描かれた物は、描き込みも商品版と同等の物が多いので、その箱絵版が初期ロットで存在するのでは?と探究心を刺激させられます。
今回紹介した物以外に、まだまだこのようなケースはありますので、ぜひ探してみて下さい。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。 

 


現在、タイムボックスでは、今回紹介したガッチャマンシリーズ、帰ってきたウルトラマンシリーズ、タイムボカンシリーズなど、各種多数在庫中です!!

また、キャラクタープラモデルも超高額にて買取いたします!!
箱のみや、ジャンク&組立書も超高額にて買取いたします!!お気軽にお問い合わせください!
 

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで