2017年5月17日水曜日

バンダイ「ロボコン」のプラモデル その3

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第105回)
 
今回は前回に引き続き、低価格帯「ロボコン」プラモデルを紹介いたします。
1期生の4点パックは1種類のみの発売でしたが、2期生は2種類発売されています。
 
当初は「ロボコンと新入生」の商品名で、「ロボコンと6人のなかま」と同様の箱売りのような告知でした。
イラストを見る限りでは4点パックありきのように2体セットで描かれ紹介されてます。
 
この2体セットイラストが4点パック発売時の組み合わせになっているかというと、実は、そうはなっていません。
実際の組み合わせも確認しながら紹介していきます。
 
 
●「ロボコンパックC 新入生」(シュリンクパック)
※画像はシュリンク開封済みです。
発売は1975年8月頃。品番は「8751」。小箱が4つシュリンクされた物で、当時価格は300円。箱サイズは各13×10×2.5センチ。箱絵は上田信。
箱中には2体分のプラモデルとカラー紙の点数表が袋に入っています。箱裏は単色。
セットにロボコンがいないと売れないと言うことで、当時、人気のない女の子キャラのロビンちゃんを外し、ロボコンを加えたと思われます。
 
 
●「ロボコンパックB 新入生」(シュリンクパック)
※画像はシュリンク開封済みです。
発売は1975年8月頃。
小箱が4つシュリンクされた物で、当時価格は300円。箱サイズは各13×10×2.5センチ。箱絵は上田信で品番は上商品と同じ「8751」。
当時の4点パックは店頭でシュリンクを外され、バラ(80円)で販売されることが多かったので、全ての箱にロボコンを入れたセットをつくったのだと思われます。
箱中には2体分のプラモデルとカラー紙の点数表が袋に入っています。箱裏は1期生パックと同様にカラー。
 
2期生4点パック2種の計8種類の箱側面に表記されている品番は全て「8751」となってます。品番が同じなのは、「ロボコンと新入生」で先に登録したものを2つの商品に分けたため。
 
 
●「パズルモ がんばれロボコン」。
発売は1975年11月頃。
品番は「8801」。当時価格は100円で箱サイズは各15×12×3センチ。
接着剤不要でパズルのように組み立てていくプラモデルシリーズ。
パズルモパックというタグ封袋入りの「ロボコン」「アカレンジャー」「グレンダイザー」「ライディーン」の4点セット(400円)を後に発売。箱4つを透明袋に詰めただけの物。
 
箱絵は「ロボコンと6人のなかま」のロボコン部分を再利用。
 
下箱裏に組立図が印刷されています。
この組立図部分の印刷色に「黒と紺」の違いが確認されています。バンダイガンダムシリーズの「1/144 シャーザク(初版・2枚組立図)」の組立書にも、「黒色」「紺色」の2色があり、初期ロットは「黒色」と言われているので、このパズルモロボコンも組立図の色で初期分が区別できるかもしれません。
 
 
●「ロボカー」
発売は1975年12月頃。
品番は「9730-300」。当時価格は300円で箱サイズは各16×24×3.8センチ。ゼンマイ走行。おまけにロボコンと仲間ロボット1体の計2体入っています。入っている仲間ロボットはランダムです。
組立図のようにハンドルで口の開閉が可能です。
 
 
最後に、バンダイのロボコンシリーズのフルセット写真です。
このほかに、シュリンクセットの中身のみを袋販売していた、駄菓子屋売りの台紙形態の商品が3種類確認されています。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
  
 
 
現在、タイムボックスでは、「がんばれ ロボコン(ゼンマイ歩行)」や「ロボコンと6人のなかま」、メカニック&ノーマルロボコンの完成品などなど在庫中です!! 国内外のキャラクタープラモデル多数在庫しています。お気軽にお問い合わせください!

タイムボックスでは今回紹介したロボコンシリーズを始め国内外のキャラクタープラモデルを高額買取中です!! 箱だけや組済み、その他、一部パーツだけでも何でもバンバン買取中です。
 

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿