2014年10月28日火曜日

ファイヤーマンのプラモデルシリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第44回)

 
今回はバンダイの「ファイヤーマン シリーズ」を紹介します。
 
バンダイから3種のプラモデルが発売されています。
1973年の5月に「マリンブル」、6月に「マリンゴン」、7月に「モグリアン」が発売されました。
 
「マリンブル」と「マリンゴン」が当時400円でゼンマイ走行。「モグリアン」がモーター走行で当時600円でした。
「マリンブル」「マリンゴン」は割と入手しやすいのですが、「モグリアン」がなかなか手に入らないコレクターさんも多いのではないでしょうか?出現率は10対1ぐらいのようです。
 
 
各メカの紹介です。
 
「マリンブル」マスコミシリーズNO.57。ミサイル2発を装填発射可。
なぜか、この「マリンブル」のみ、箱中装填が豪華になっています。尖った先端部分を固定するためだと思いますが、箱を開けた瞬間の豪華さは、「カマキリ男」「電動歩行 ライディーン」などと共に、バンダイキャラプラモのTOP5に入るでしょう。
 
「マリンゴン」マスコミシリーズNO.58。ミサイル2発を装填発射可。
円谷メカには夕焼けが似合います。そんな代表的なパッケージアート。入手しやすさも含め、これだけは所有しておきたくなる逸品です。
 
「モグリアン」マスコミシリーズNO.61。4本のドリルが回転。FA130モーター付き。
バンダイメカプラモデルのドリル2王者といえば、ウルトラマンタロウの「ベルミーダ2世」と、この「モグリアン」が長年君臨してきました。バンダイプラモデルコレクションの中でもこの2種はTOPクラスです。
しかし、ドリルが自動回転するのは「モグリアン」だけで、「ベルミーダ2世」のドリルは手動回転というのはあまり知られていません。そして、「ベルミーダ2世」の走行はゼンマイです。それもあってか、長年ほぼ同じ評価額でしたが、ここ数年は「モグリアン」の方が高値になってきています。
ドリル2本の「ベルミーダ2世」に対し、「モグリアン」は4本ですから、ここ数年で評価額も倍になりそうな勢いがあります。
 
 
ファイヤーマンのマスコミシリーズ番号は57、58、61です。
最後に、時代背景がわかるように、前後中の商品を紹介しておきます。
NO.56「仮面ライダーV3(ゼンマイ)」
NO.59「マスコット 仮面ライダーV3」
NO.60「流星人間ゾーン マイティライナー(ゼンマイ)」
NO.62「ロボット刑事 ジョーカー(ゼンマイ)」
となっています。
 
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)




現在、タイムボックスでは美品の「マリンゴン」在庫中です。その他の特撮プラモデル多数在庫中です!! お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、バンダイ特撮&ロボットプラモデルを買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。


コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

0 件のコメント:

コメントを投稿